そろそろ本気で学びませんか? 女性ホルモンバランス

女性ホルモンバランス

女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのホルモンのことです

この2つのホルモンは毎月の生理が終わり次の生理が始まるまでの間に交互に分泌されます

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)はそれぞれ役割体へのあたえる影響が違います

そのために2つのホルモンが分泌されている時期で女性の体やこころに変化がおきます

生理周期が順調な時であれば毎月きまったホルモンが分泌され生理をはさんで

心と体もすっきりした期間と体が重く気持ちも憂鬱な期間を繰り返しています

ホルモンのバランスが崩れると健康のリズムも崩れて憂鬱な期間が長くなり

生理不順、頭痛、肩こりなど身体の不調がおこります

生理期

妊娠のために準備していた子宮内膜がはがれて外に排出され出血が始まります

生理は3日から7日ほどが普通です

卵胞期

生理が終わりエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が増え始めます

生理前や生理中に続いた不快感がなくなって気分がすっきりし肌のつやもよく

代謝もあがってダイエットの効果も上がりやすくなります

排卵期

成熟したたまごが卵巣から子宮に送られます

排卵が終わるとプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増え黄体期に入ります

黄体期

卵巣から玉子がでるとプロゲステロン(黄体ホルモン)が盛んに分泌される黄体期になります

身体は妊娠に備えて子宮内膜を厚くして赤ちゃんを育てる準備を始めます

このため妊娠中のような、むくみ、肩こり、乳房の張り、眠気などが起こり

気持ちが不安定になっていらいらする事もあります

約2週間この状態が続き生理期がやってきます

『カリウム サプリを市販のものや薬局とか通販など購入して高血圧やむくみの予防対策をしましょう』

生理前の黄体期には生理痛のような身体のトラブルだけで無くイライラしたり憂鬱になってしまう人もいます

プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増えることにより心の状態が不安定になるためにおこります

あまりに状態が酷いと月経前緊張症(PMS)になります

感情を自分でコントロールできなくなり悩む人もいますが病気ではありません

これは女性ホルモンの波によりおこります

エストロゲンは女性の体を守る?

エストロゲン

女性ホルモンエストロゲンは別名卵胞ホルモンと呼ばれ妊娠に不可欠な卵胞を受精可能な玉子に

成長させるために卵巣で作られるホルモンです

女性らしさを引き出すホルモンで、つややかな髪や張りのある肌

豊かなバストが作られるのはエストロゲンのおかげです

エストロゲンが十分に分泌されるとシワや中年太りもあまりきになりません

エストロゲン(卵胞ホルモン)の効果は容姿を女らしくするだけではありません

妊娠に耐えるように心や体をサポートもしています

骨密度を高く保つのはエストロゲンの作用です

血管を強くし動脈硬化や脳血栓などを防ぐ役割もあります

血液の巡りが良くなり代謝もよく心も穏やかになります

更年期以降エストロゲン(卵胞ホルモン)が減少してくると様々な病気の症状が出てきます

思春期から更年期の女性の健康な体はエストロゲンによって守られています

女性ホルモンエストロゲン不足とセックスの性交痛

セックス性交痛

セックスの悩みで一番多いのが性交痛です

性交痛はセックスの際の痛みがつらいのはもちろんですが

それが原因で性生活が無くなり精神的に不安定になることもあります

痛みの原因は女性ホルモンの1つエストロゲンの減少により外性器や膣内の粘膜が薄くなっているkとです

膣内を潤しセックスの時に潤滑液の役割をしていた

バルトリン腺からの分泌液の量が減り膣内が渇き気味であることがあげられます

病気ではありませんがエストロゲンの減少が原因なので

ホルモン補充療法やプエラリアサプリメントなどエストロゲンを補う方法は効果的です

またセックスそのものは市販の潤滑剤などを使用することで挿入をスムーズに行えます

市販の潤滑剤の場合は植物性のものが良く

マッサージオイルとして売られているビタミンE配合のものなら問題ありません

注意が必要なのが背急を原料にした潤滑剤です

また潤滑剤が購入しにくくベビーオイルを代用する人もいますが膣表面の分泌腺をふさいでしまい

自然の分泌の妨げになります

さらにコンドームで避妊している場合ラテックスは鉱物油に弱いため

膣内で避ける可能性があるので注意が必要です

膣内に潤いを与えるホルモン剤を座薬のように膣に挿入するタイプのものも販売されています

ホルモン剤は意が荒れるために苦手という人にはお勧めですが効果が出るまでに時間がかかるため

前日やその日の午前中に挿入しておかなければならないのが難点です

乾燥気味の膣は粘膜も薄くなっているため雑菌が侵入しやすい状態です

そのため膣炎を起こしやすいのでおりものが増えたりおりものに血が混じるようなら婦人科での診察が必要です

女性ホルモンの不足とダイエット

ダイエット

ダイエットと女性ホルモン

 

30歳を過ぎると女性は太りやすくなります

運動をしていない人はカロリーを消費する筋肉が減少してしまいます

また新陳代謝が少なくなり同じ量を食べるとそれだけで太ってしまいます

基礎代謝は10年間に2パーセントずつ減少するのが目安で更年期以降はさらに減少します

更年期でダイエット法でもっとも一般的なのは食事の量を減らすことです

年齢、性別を問わずダイエット法で一番効果が出やすいのが適度な運動です

食事を減らす方法は食べたいものを我慢するという割りに効果が低くかえって逆効果になることさえあります

急にカロリーの摂取量を減らすと体はその異変にきずき新陳代謝を抑えカロリーの消費を抑えます

そして少しでも体に入ってきたカロリーをできるだけできるだけ蓄えようと体に溜め込みます

ダイエットを始めたつもりが体はより太りやすい体質に変化していきます

無理なダイエットは長く続かずつねに空腹感があり体が太りやすい体質に変わりメリットがあまりありません

ダイエットをするなら食事の方法を一生続けることができる内容でないと意味がありません

効果がない食事法を元に戻すと体は太りやすくなるので以前より太りやすくなります

エストロゲンはコレステロールを抑制する

脂肪は1グラムにつき9キロカロリーのエネルギーをもっています

それに対して炭水化物とたんぱく質はともに4キロカロリーで脂肪のカロリーのほうが高くなります

そのうえ体内で使用できる物質に変換するために

炭水化物とたんぱく質が25パーセントのエネルギーを必要とするのに対して

脂肪は3パーセントのエネルギーで変換できるため残りの97パーセントが体内にに蓄えられます

エネルギーを蓄えるのには優れた栄養素ですがダイエットには大敵です

そのためダイエットには脂肪をまったく取らない人がいますがお勧めできません

脂肪をまったく取らないと美容には悪く髪がパサパサしたり

手足が浮腫んでいたりしたら脂肪不足が原因かもしれません

また脂肪の仲には体の脂肪を燃やす

働きがあるものがあり必須脂肪酸のリノール酸は脂肪を効率よく燃焼します

脂肪をまったく取らないのは体に悪く逆効果で

炭水化物、たんぱく質、脂肪の3大栄養素はダイエットでも完全に取り除いてはいけません

若いときに太っていた人より更年期前後に太りだした人のほうが

心臓病にかかる危険性が高いといわれています

もし太りすぎで心臓病に加えて、高血圧、糖尿病、乳がん、子宮内膜症になる危険性が高くなります

コレステロールは食事から取り入れるのは約2割で

残りの8割は肝臓で作られています

食事の制限だけではあまり意味がありません

ダイエットのためにはコレステロールを抑える

女性ホルモンエストロゲンが必要になります

女性ホルモンエストロゲンには血中コレステロールを抑制する作用があり

若いときはその働きでコレステロールが溜まるのを防いでくれます

年齢とともに減少して若くても生活習慣で減少してしまいます

更年期を過ぎてエストロゲンの分泌が不足すると血中のコレステロールの量が急増します

若いときと同じ量を食べるだけで太りやすくなります

ダイエット効果を素早く得たい場合は女性ホルモンエストロゲンを補給すればより効果が高まります

更年期以降に太りだした人は注意が必要なのはそのためです

不足する女性ホルモンエストロゲンをサプリで補給する方法もあります

サプリを使用してエストロゲンを補給していくのも女性の成人病の予防に効果的な対策の1つです

女性ホルモンはこうした健康維持や病気の予防にも役立っています