ホルモンの減少が自律神経を乱す

ホルモンの減少が自律神経を乱す

ホルモンの減少が自律神経を乱す

自律神経は交感神経と副交感神経の2つの神経系から成り立っていて

呼吸器、循環器、消化器,排泄器そして体温調節など

生命を維持させるためさまざまな機能をコントロールしています

各機能を自動調節して生まれてから死ぬまでの間本人の意思とは無関係に働きます

心臓を動かしたり消化機能を制御したり体内の異物を排除したり意識できない

様々な役割を休むことなく果たして人間の体はこの自律神経が正常に働くことで初めて健康が維持できます

ホルモンの分泌量を調節したり分泌されたホルモンを体内に運んだり

運んだホルモンで各器官に刺激を与えたり一連の動きをコントロールするのも自立神経の役割です

実際にホルモンを分泌するのは卵巣などの各器官ですが

その分泌量をチェックして女性ホルモンの影響を受ける体の各器官に指令を出すのは自律神経の仕事です

自律神経の正常な働きにはホルモンが大きな関わりを持っています

そのため更年期を迎え女性ホルモンが減少すると自律神経の働きにも乱れが生じその影響が現れます

自律神経は人の体の健康を維持するために必要なホルモン量を知っていて卵巣の働きが鈍り

必要な量の女性ホルモンが分泌されていないことをチェックすると体の各器官にそのことを知らせます

そしてその足りない分を何とかしようとして役に立ちそうな別の器官に指令を出したりします

女性ホルモンの不足とホットフラッシュ自律神経の乱れ

ホットフラッシュ自律神経の乱れ

ホットフラッシュ

ホットフラッシュは、のぼせ、ほてり、多汗の総称でほとんどの女性が経験する更年期の症状です

どの症状も自律神経の働きが乱れていることが原因であまり深刻に悩む必要はありません

ただ厄介なのは症状が現れるのが不規則で時と場所を選ばないことで

電車に乗っていたら突然体中が熱くなったり人と話しているときいきなり汗を噴出したり

きっかけが突然で症状が現れるので人と接することが多い仕事の女性にはこまる症状です

多汗以外は周りの人も気がつかず本人が我慢すれば心配ありませんが

不快感と人前での変調が不安で人と会うのがいやになる人もいます

原因は自律神経の乱れで自律神経の大事な役目の血管の拡張、収縮があります

体内に熱がこもると血管を広げて熱を逃がして逆に冷えてくると

血管を狭くして熱の放出を防ぐことで体温を一定に保ちます

ところが更年期特有の自律神経の乱れにより突然血管が拡張すると、ほてり、のぼせ、多汗などの

症状が現れ収縮すると末端の毛細血管で血の巡りが悪くなり手足の先が冷えてきます

つまり冷え性とホットフラッシュの原因は同じで表裏一体の関係にあります

そのため寝ているときほてりと多汗に襲われた直後今度は体が冷えて風邪になることもあります

そのうえ更年期は体の免疫機能が低下しているために一度引いた風邪がなかなか治らないこともあります

またそんな不快感からイライラがつのることもあり

日常生活に支障が出ることがあれば病院で相談すると良いでしょう

甲状腺機能亢進症

ほてり、のぼせは高血圧、心臓疾患でも同じような症状が現れます

また多汗は甲状腺機能亢進症でもあらわれます

特に甲状腺ホルモンが過剰に分泌される甲状腺機能亢進症は更年期の女性に多い病気です

悪化すると甲状腺のある首がはれて太くなる眼球が飛び出してくるなどの症状が現れます

区別はしやすく初期の症状は更年期障害の症状とそっくりなので

見逃され発見が遅れてしまうケースがあります

最近急激にやせてきたといったことがあれば要注意です

宇宙飛行士も飲んでいるサジージュース  フィネス価格などの情報サイトはこちらですよ